【富士山チャレンジ⑦ 学び編6 苦労があるから楽がある】

こんにちは!

早速、富士山の学びを。

 

本日のテーマは

【苦労があるから楽がある】

ということ。

 

富士山の登山は過酷。

そりゃー過酷。

その一言に尽きる。

f:id:GARASHI:20170425102439j:plain

 

でも、

考えてみてほしい。

 

富士登山が楽勝だったら、

 

全然簡単に登れちゃったら、

 

想定内の出来事しか起きなかったら、

 

楽しいことしかなかったら、

 

 

 

果たして、

ここまでの学びを得られただろうか?

ここまでの喜びを得られただろうか?

ここまでの達成感を得られただろうか?

 

 

おそらくそんなことはないと思う。

 

 

こんな言葉を聞いたことがある。

 

「人生は生きている限り 苦 なんだよ」と。

 

確かに。

どんなに楽しい生活を送っていても、

どんなに恵まれている人でも、

悩みが全くない人なんて、いないと思う。いたとしても超ごく少数。

 

でも、悩みがあるから、

乗り越える喜びを味わえる。

解決させる喜びを味わえる。

 

そう考えると、

悩みや、問題や、苦労、といった

一見マイナスに思われがちな言葉の数々も、

自分の人生にとって、すごく大事なものに思えてこない?

それら一つ一つが、自分の人生を彩ってくれているんだなと。

 

自ら、苦 を味わいたいなんて、なかなか思えないけど、

富士山はその対価として、十分すぎる、経験と体験と感動を与えてくれた。

 

f:id:GARASHI:20170427102010j:plain

 

自分に起こることに

プラスとかマイナスとかは存在しない。

全ては自分の「意味付け」の問題だ。

 

全ての物事は「自分に必要だから、起こっているんだ」

だと捉えられると、最強ですね(^^)v